ラブドール買取店日誌 中条工芸、始まりました。①

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

っという訳で、突如として始まりました。

中条工芸と申します。

誰もこのブログを使わない様なので、中条が綴っていきます。


ではまず初めから。

私がここで働き出したのは、去年の12月後半の事でした。

フォトグラファーの求人を探していたところ、

求人を見つけ、運よく面接にまで辿り着くこととなりました。


そして面接の日がやって来る。

面接場所へと赴き、待つこと数分。

面接担当が現れ、薄暗い倉庫の薄暗いソファーに誘導される。

そして面接担当の男はついに口を開く。

「とまぁ、求人票に記載していた通り人形の撮影でして・・・」

「はぁあ。」

会社につくなり、なんとなく嫌な予感はしておりましたよ。


ええ、まぁ、

全ては中条が悪かったのだ。

求人票の内容を詳しく見てなかったからだ。


何となく求人票を見て、物撮りだと思い込んでしまっていたのだ。

まぁ、物撮りは物撮りではあるのだが・・・

人形の、しかもラブドールの物撮りとはね・・・・参った・・・

しかも中条の目の前には、足を大きく開いたラブドールが・・・

なんでや。

なんでなんや。


面接してくれてる人より、そっちに目が行きますよ。

いろいろ説明は受けるものの

あばばばばば。

あー、まずい、何も聞いてなかった。

最終的に面接の方は3人になっていて、

中条の手には小さいラブドールを握らされていたのだ。

「(うぉ!)いつの間に・・・(ってか何んか笑ってるし・・)」

中条はですね、自分で言うのも変ですけどね。

良いヤツなんですよ。

見た目は冷たいとか、笑わなさそうとか言われるんですが全くそんな事はございません。

鴨ちゃんの餌やりもするし。


だだこの時は、

家族とか身内にどう説明しようかとか、

ただ冷徹に全てを隠蔽して過ごそうか、そんな事を必死に考えておりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*