ボクのLOVEDOLL日誌 中条工芸、はじまりました。③

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

という訳で、
いつもお腹を空かしている中条工芸の中条です。


「はい、中条です。はいはい。
 あー、はい、はい。
 えー、あー、はいはい。
 えーと、20日以降からであれば・・・・」

中条は現在、
先日面接を受けた会社の社長から、業務委託成立の電話を受けております。



「あーはいはい。
 そうですね。はい。
 えーとですねー。はい。
 はい。
 招致しました。
 ありがとうございます。
 失礼します。はいーー。」


(・・・・・・・・・成立してしまった。)

(20日以降からの出社が決まってしまった。)



「中条君、目が虚ろやけど大丈夫?」

「ああもう全然、ライティングの事考えていました。」

(・・・んな訳ないし・・・)
(今日はあと2人で2コーデづつかぁ・・・あぁ、ああ!腕がつった!!)



中条の事を少し話しますと、
中条はねぇ、何にも出来ないんですよ・・・
童貞だし・・・

自然界ならねえ、中条なんて食い荒らされてねぇ、骨になるんですよ。



「・・中条は20日以降に骨になります。」

「いやいやいや、逃げんなよ。アカンよ。シャッター切りーや。」

「ホンマっすか。ありがとうございます。」





関西は雨の日が少なくて助かりますよ。
雨が降っても、だいたいは数時間後には止むし。

(平日にしている仕事は、この先減っていくんだろうなぁ・・・・結局は骨じゃないですかってね。)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*